Googleアドセンスはとにかくアクセス数が報酬と比例します。
1にアクセス、2にアクセス、3、4が無くて、5にアクセス!(´∀`σ)σ !ですね。
そこでアクセスが集まる記事ネタについてはこちらでお話させて頂きましたね。^^

そ・し・て、今回は

  • 自分で見つけたキーワードの検索数の調べ方
  • 検索数のあるキーワードの見つけ方
などをについてご紹介させて頂きます。٩(๑´0`๑)۶

キーワードプランナーで検索数の多いキーワードを見つけよう

まず始めにキーワードプランナーで検索数の多いキーワードを見つける方法をご紹介しますね。
キーワードプランナーはGoogleが提供している無料ツールなのでとっても使いやすくて優秀です。
安心して使って下さいね。

実際にミドルキーワードでやってみる

ではまず実際にミドルキーワードでやってみますね。
今回はミドルキーワードの「お花見」でやってみたいと思います。
ここから検索数の多いキーワードを探していきます。

 

1.関連キーワード取得ツールへアクセス

2.次に検索窓に「お花見」と入力して「取得開始」をクリック

 

3.キーワードリストをコピペする

 

4.キーワードプランナー

(※Googleメールアドレスが必要になります。ない人は1分で取得できるので取っちゃいましょう)

 

5.右上からログインします。

 

 

6.「検索ボリュームと傾向を取得」をクリック⇒ペースト

 

 

7.「検索ボリュームを取得」をクリック

 

 

ここまでやると、このようにズラーーーっと沢山キーワードがでてきますね。

「100~1000」などの数字が月間検索数になります。
※検索数が多い順に表示されます※

 

で、2語で1万や10万など検索数の多いキーワードをもう一度関連キーワード取得ツールにかけます。

 

 

今回は「お花見 デート」のキーワードを関連キーワード取得ツールへ入れてみます。
このように「3語のキーワード」がズラーっと出てきましたね。↓

 

 

これをコピペしてもう一度キーワードプランナーへペーストします。
そうすると「3語のキーワード」で検索数の多いものが出てきましたね。

 

 

花見などのミドルの場合は3語で「10~100」の検索数があれば書いてOKです。
3語で「100~1000」だとライバルが多い場合もあるけど抜かせることも多いので
ライバルチェックをしてイケそうなら検索数が多いところもドンドン攻めていきましょう!
(ミドルで2語を書くのはやめましょう)

 

最初のこの「1語のキーワード」でキーワードプランナーへ入れた時のやつでも
3語で検索数がそこそこあるこんなキーワードを見つけていったら書いていってOKです。

 

 

ロングキーワードの場合は3語で「100~1000」辺りを狙っていくといいですよ。
ライバルがいなければ2語で「100~1000」辺りも書いていってOKです!

 

ロングでもミドルでもこんな感じで検索数が出ていないキーワードは
書いてもアクセスがなかなか集まらないので避けて下さいね。

 

また検索数の横にある「競合性」については高いものより低い方を選んでいきましょう。

自分で見つけたキーワードの検索数を調べる

例えば普段自分でもネットで色々と検索したりしますよね。
そういった普段の何気ないときに見つけたキーワードも記事ネタになったりします。

 

わたしの最近の履歴をまた晒すと・・笑

「志田愛佳 休業」
「TOKIO 山口達也」
「アパホテル 社長」
「パーマ 失敗」

 

見事になんだか・・芸能ネタですね。
志田愛佳は欅坂で推しメンだったのでつい・・ですね。><

 

TOKIOはやっぱりね、あれだけ話題になってたらググっちゃいますね。

 

で、アパホテルってwwwww
アパホテルの社長について何でググってるんだろうww
良く分かりませんが。(記憶にない・・)

 

で、最後の「パーマ 失敗」はいいですね。
やっとロングキーワードです。

 

これ、わたしつい最近パーマかけたくてですねー。
でも髪の毛傷んでるから失敗するって美容師さんに言われたんですよ。
で、「パーマ失敗したらどうなっちゃうんだろう」って検索しました。

 

キーワードプランナーで「パーマ 失敗」と入れたらこんな感じでした。

 

 

検索数があるので関連キーワード取得ツールにも入れてみます。
いっぱいキーワードが出てきましたね。

 

最後に赤枠部分をコピペしてもう一度キーワードプランナーへ。

 

3語のキーワードで良さそうなの色々出てきましたね~^^
ライバルチェックして書けそうなら書く。
微妙なら辞める。そんな感じですね。

 

こんな感じで自分が見つけたキーワードもすぐに関連キーワード取得ツールや
キーワードプランナーで見てみる癖をつけましょう。
3語キーワードならすぐにキーワードプランナーで検索数見てみましょう。

 

「なんとなく」とか「検索してる人いそうだから」とかで書いててもアクセスは集まりません。
しっかりと数字で確認して「確実に検索数のあるキーワード」を書いていきましょうね。

 

ちなみに、上記のキーワード全部キーワードプランナー入れてみるとこんな感じ。

アパホテル強いwwwwww
たぶん、過去のデータも含めてなのでこうなってるんでしょう。
声出して笑っちゃいました。

基本的には3語のキーワードで書く

基本的にはキーワードプランナーで検索数をチェックしたり
関連キーワード取得ツールでキーワード見つけたりします。

 

そこで、アドセンスで書いていくキーワードは基本的に3語の「複合キーワード」と呼ばれるものになります。

 

「なんで3語なの?」という事についてですが
1語や2語だと「検索する人を絞り切れない」んですよね。

 

さっきの「アパホテル 社長」についてでも
関連キーワード取得ツールを見てみるとこんなに色々でてくるんです。

 

● アパホテル社長の書かれている本を探して検索する人もいれば
● アパホテル社長の旦那さんについて気になって検索する人もいれば
● アパホテル社長ってまだご健在だったかしら・・と思い検索する人もいる

 

というわけなんですよ。
そんな中で「アパホテルの旦那さんについて気になっている人」に向けて

 

「アパホテル社長について色々まとめてみた!」
っていう記事と
「アパホテル社長の旦那はどんな人?経歴は?」

 

っていう記事があったら間違いなく後者を読みますよね。
しっかり3語のキーワードでバチっと決めて「誰に何を書くのか」を決めていくようにしましょう。

 

ちなみに4語でも検索数があれば書いてもOKです。^^

まとめ

という訳で検索ボリュームの調べ方でした。

「ざっくりと書きたいテーマはあるけどどんなキーワードがあるのか分からない」
という場合はまず先に関連キーワード取得ツールで1語~2語のキーワードを入れてみましょう。

そして書いてみたいキーワードがあとはドンドンキーワードプランナーで検索数を見るようにして下さいね。

また記事を書く時は「3語のキーワード」まで絞ってから書くようにしましょう!

以上になります!
読んでくださってありがとうございました。